日本CDRセンターは、植込みデバイスに関わる情報提供担当者の質的向上を目的としたCDR(Cardiac Device Representatives)認定制度の確立及び制度運営維持の支援機関です。

会長挨拶

    この度、平成31年3月20日付けにて日本CDRセンター(JCC)の会長を拝命いたしました。
    CDR認定制度は、平成19年(2007年)に厚生労働省が策定した医療機器産業ビジョンに基づき、不整脈治療デバイス業界企業団体と日本不整脈心電学会において立案・策定された認定制度であります。
    CDR認定制度は、医療機器の適正かつ安全使用のために当該機器の専門家としての技術と知識の向上及び医療関連に携わる者としての高い倫理感の育成を趣旨として施行されております。

    制度施行後12年に亘って実施してまいりましたCDR認定取得を目指すための業界指定講習も令和元年8月度より集合講習からeラーニング講習に切替わることとなり、日本不整脈心電学会、関連学会・医療機関及び関連団体とも連携協調しながら、医療製品の適正使用と医療安全の確保に関わる質の高い情報を提供できるように一層の活動を続けてまいる所存です。

日本CDRセンター会長

原田 貴之

ボストンサイエンティフィックジャパン株式会社


    日本CDRセンター

    〒113-0033
    東京都文京区本郷3-25-4